歯を白くするホワイトニング

白い歯を目指して、いくら丁寧にみがいても、自分の歯みがきでは落としきれない汚れがあります。そんな頑固な着色や汚れも歯科医院でホワイトニングすると、すっきりときれいに落とせます。歯科医院で行われるホワイトニングは、歯の表面にこびりついてしまった汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を、専門の器具や機械で取り除く治療法です。
歯の表面に残った着色や歯垢、歯石は、虫歯や歯周病の原因になります。特に歯石は、歯みがきで落とすことはできません。見た目を美しく保つためだけでなく、虫歯や歯周病を防ぐためにも、定期的に歯科医院でクリーニングケアをすることで、健康な白い歯を保つことができます。
歯を白くするホワイトニングは、歯科医院のクリーニングだけに限らず、人によっても異なりますが、日々の歯磨きでも可能だと言われています。簡単で手軽にできるホワイトニングとして、重曹で歯を磨く方法があります。重曹は、炭酸水素ナトリウムのふくらし粉として使われる成分が入っており、一般家庭の料理やお掃除などにも使われている白い粉です。歯を傷つける心配はないそうで、市販のホワイトニング用の歯磨き粉にも使用されていて、長く使い続けるうちに歯は少しずつ白くなります。重曹には殺菌作用もあり、歯周病の予防、歯垢を除去、口臭を防ぐ効果もあるそうです。
他にフルーツや野菜を摂取する事で、歯の黄ばみを抑え、ホワイトニング効果がもたらさせるようです。フルーツに含まれるリンゴ酸が、歯の表面についたシミや汚れを取ってくれるそうで、中でもタマネギ、リンゴ、セロリ、ニンジン、ブロッコリー、オレンジ、ナッツ類、チーズ、牛乳、ヨーグルトは、歯の汚れは落としてもエナメル質は傷つけないとのこと。まさに家庭で食べるだけで出来る「簡単ホワイトニング」です。
ホームホワイトニングとは、歯医者でマウスピースを作って、自宅でホワイトニングをする方法です。手軽にできますし、薬剤を追加すれば何度でもホワイトニングすることができるので経済的です。ホームホワイトニングは、1週間から2週間かけてゆっくり色素を抜くもので、効果は1年から2年くらい続くと言われています。金額は10,000円から50,000円程度です。