ホワイトニング効果を長持ちさせる方法

せっかくホワイトニングしたんだから、長く持続させたいと思う人も多く、自宅で簡単にできるホワイトニングケアも沢山発売されています。歯科医院で行われるオフィスホワイトニングによって、短期間で美しい白い歯を手に入れることができますが、その白い歯を持続させるには、歯に付着しやすい着色料が含まれた飲食物や、着色しやすいコーヒーや紅茶、ワインなどは、できるだけ避けた方が良さそうです。
ホワイトニングを受けた歯の白さは、平均で約3ヶ月から10ヶ月持続すると言われていますが、これらの食材は、特に歯の表面に色素が付着しやすく、歯の表面の変色が促進すると言われます。歯の表面だけの汚れであれば、クリーニングでも洗い落とせますが、頑固なものになると再びホワイトニング治療を行う必要がでてきます。
ただ、これらの食材を避けたとしても、ホワイトニングは、歯の表面のエナメル質を白く変質させる施術であり、そのエナメル質は徐々に元通りになろうとしますので、歯の色もだんだんと元の色に戻っていきます。持続期間の長さは、ホワイトニングの種類によっても異なりますが、オフィスホワイトニングの場合、長いと1年位白さが続くこともあるようです。また、ホームホワイトニングの場合は、自宅でじっくりと時間をかけて歯を白くしていくため、オフィスホワイトニングよりも持続期間が長いとも言われています。ただし、その分白くするのに時間や手間がかかることも覚えておくと良いと思います。