何故ホワイトニングするの?

何故ホワイトニングするのか。人によって理由は様々だと思いますが、黄ばんでしまった歯を「白く美しくしたい」とシンプルな思いが一番多いのではないでしょうか。特に日本人の歯は、元々黄色味が強いと言わており、歯の色にコンプレックスを持つ人が多いそうです。それ故、白い歯に憧れをもつようです。保険適用にならないホワイトニングは、高額となってしまいますが、歯の色が違うだけで、顔全体のイメージはまったく異るものになります。
芸能人の多くはホワイトニングをしていますが、なぜホワイトニングは必要なのでしょう。それは、単純に白い歯が好まれるからで、中には500万円を掛けて、歯の矯正やホワイトニングに取り組む人もいます。白さというのは重要なポイントで、歯だけでなく、目にも同じ事が言えるようです。たとえば白目が充血していると、それだけで不健康なイメージになり、美しいとは言われません。そして歯も、黄ばんでいることで不潔に見えたり、笑顔も美しく見せることが難しいようです。そのため歯科医院でホワイトニングをしたり、自宅でホワイトニングをする方が多いのです。
ホワイトニングで使用する薬剤は、安全なものが使われますが、妊娠中または授乳中の方が、歯のホワイトニングをする事が出来ません。直接ホワイトニングの薬剤が問題にならないとしても、なんらかの刺激がきっかけとなり、妊娠また子育て生活に支障をきたすことがあるかもしれません。授乳後には問題ないので、子育てにひと段落したらホワイトニングも可能ですよ。