店舗用の製氷機選びで気をつけたいポイント

私がカフェ&バー形式のお店を開業したときに一番設備の調達として悩んだのは製氷機でした。バーのように冷たい飲み物が必須となるお店の経営において氷が不足することは致命的です。しかしながら、初期の段階から大きな製氷機を導入してしまうと氷が余るだけではなく、無駄に電気を消費し電気代で運転資金に支障をきたす可能性もありました。 また、悩むポイントは電気代だけではありませんでした。それは製氷されるスピードと出来上がる氷のサイズです。氷を多用するバーでは、氷の見た目がお客様に与える印象を大きく左右すると言っても過言ではありません。そのため透明度が高いことを重視するのか、早く大きな氷が作れることを重視するのか、あるいは特殊な形の氷が作れるほうがいいのかといった部分で悩みました。結果として私は先に使用するグラス類を全て決めてしまい、それに合わせるような形で製氷機を選びました。 製氷機はどのような飲食店でも必須機器の一つであると考えています。そしてその選択は店舗運営に大きく関わってくるものです。製氷機の中には小型のものから、大量に同時生産できる大型のものまで存在します。そういった機器のサイズも考慮しながら性能を判断することが店舗経営に重要であると考えています。


http://chubo.kaitori.io/

投稿日:2016.11.22